« 日本弁護士連合会が在日や反日勢力の利権組織となっている | メイン | ブログを中止させていただきます »

2017年1月24日 (火)

陛下が居られない日本などというのは、それはもう日本ではないのである

世界のどの王室も日本の皇室の前では新参者にすぎない。

「みやこ」とは陛下がお住まいになっている「みや」のある場所「こ」なのだが、我々は、794年から続く都に触れることができる。

こんなことができるのは日本だけなのだ。

ーー

たとえば悠久の歴史を自慢している支那では、その歴史の半分以上が異民族による支配だった。

北京は、1402年から明の都だったが、1644年~1912年までは清の都となっている。

しかし清は異民族である女真族の建てた国だ。

現在の北京は1949年に興った「共産党が支配する支那」の首都であり、「みやこ」ではない。

ーー

慶応4年7月17日(1868年9月3日)に江戸が東京と改称され、慶応4年10月13日に天皇が東京にお入りになった。

それで現在の「みやこ」は東京ということになる。

ーー

これまで日本の権力者は陛下の権威をお借りする形で政権を維持してきた。

権力者は、朝敵となることを畏れて、大虐殺をしてこなかった。

この長い時間の洗礼によって出来上がった統治の形は恐らく世界歴史上最も洗練されていると言えるでありましょう。

アインシュタイン曰く、「一系の天皇を戴いてこれたということが、今日の日本をあらしめたと断言できる」と。

それが続くことが大多数の国民の願いでもある。

ーー

そんな国民の願いが日本では国歌になっている。

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで

ーー

これは1922年11月16日に初来日して40日間日本に滞在したアインシュタインが伊勢神宮参拝の際の講演時に残した伝言(メッセージ)といわれている。

「近代の日本ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的な発展には、 他の国と異なる何かがなくてはならない。日本は3000年の歴史を通して一系の天皇を戴いてこれたということが、今日の日本をあらしめたと断言できる。私はこのような尊い国が、世界のどこかに一カ所くらいなくてはならないと常々考えていた。世界の未来は進むだけ進み、その間、幾度か争いは繰り返されて、最後の戦いに疲れるときがやってくる。

その時、人類は本当の平和を求めて世界的な盟主をあげなければならない。この世界の盟主になるものは、武力や財力ではなく、あらゆる国の歴史を遥かに越えた、最も古く、最も尊い家柄でなくてはならぬ。世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る。それはアジアの高峰、日本に立ち戻らなくてはならない。我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国を作っておいてくれたことを……」 (大正12年 雑誌『改造』より)

ーー引用終わり

ーー以下「王室の真実」より抜粋引用qazx

10. 日本の天皇陛下の国際的な称号は「His Majesty the Emperor」

11. 現代では国際ルール上、すべての国家元首は同格であり、即位が古い順に上位となる

12. 現在まで連続する最も長い歴史をもつのは日本の皇室

13. 天皇家の初代神武天皇の即位はBC660年とされている

14. 現在の天皇陛下は第125代

15. 現在確認できる資料から6世紀以降は王朝が交代した証拠がない日本は少なくとも1500年以上続く世界最古の王家といえる

16. 日本の皇室はその長い歴史において世界で唯一「万世一系」を貫いている

17. エチオピア皇帝家はメネリク1世を始祖としてBC10世紀から3000年続く世界最古の皇室とされた

18. エチオピア帝国は1974年ハイレ・セラシエ1世廃位により消滅

19. 欧州では中世から各国間で政略結婚を繰り返し、各王室同士がなんらかの血縁関係で結ばれていることが多い

20. 欧州で最も古い王室はデンマーク。ゴーム王(936~958年)を初代として現在54代

ーー抜粋ここまで

ーー以下「頂門の一針、加瀬英明コラム」より抜粋編集qazx

11月23日「勤労感謝の日」は、正しくは「新嘗祭(にいなめさい)」である。

一年を通して、この日だけ、天照(アマテル)神が超近代都市の真ん中、緑が茂る皇居の賢所(かしこどころ)に降臨される。

ーー

新嘗祭に当たっては、陛下が皇居にある宮中三殿の賢所において、親しく祭祀を執り行われる。

アマテル神が降臨されると、陛下が新穀を皿に盛りつけられ、神におすすめして、共に召し上がられる。

この時に用いられる皿は、柏(かしわ)の葉である。

陛下がお使いになられる箸は箸の原形といわれるものだ。

毎年、京都の石清水八幡宮の境内に群生する竹が献上されて、この大祭のために箸がつくられる。

竹を削いで火で炙って、ピンセット状にしたものだ。

このお祭りは、記録の無い昔から連綿と続けられている。

これが日本という国の形なのである。

ーー

現行憲法は第1章第1條で、天皇を「日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と規定している。

しかし、陛下が居られない日本などというのは、それはもう日本ではないのである。

陛下の存在が日本を日本たらしめてきたからである。

いま生きている国民が何人集まっても、日本国には成らないのだ。

陛下の地位は、「主権の存する日本国民の総意に基く」のではなく、日本国が出来上がった時から、そしてこれから先も変わらないのである。

国民が、陛下を、その地位にお就(つ)けしているのでは決してない。

ーー

「日本国憲法」は、昭和22年の連合国軍の占領下に発効している。

占領軍は、「この憲法草案を受けいれなければ、天皇の一身の安全を保障できない」と威嚇し、日本政府に押し付けた。

日本国憲法の原文は、日本語ではなく英語である。

1、占領下に占領軍によって強制された
2、原文は英語である

そして日本による復讐を封じる為に「国軍不保持、交戦権放棄」の条文を持つ。

これでは、日本は、自力で侵略者に対抗することはできない。

つまり現行憲法は、日本国の憲法としての資格がない。

ーー

日本は敗戦以来、米国の保護国となり、米国の武力により侵略者から守られてきた。

侵略者が日本を侵略しようとしなかったのは、米軍の軍事力の存在があったからだ。

米国の保護国から日本が脱するには、侵略者に自力で対峙できる憲法を持つ必要がある事は言うまでもあるまい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347871/34027318

陛下が居られない日本などというのは、それはもう日本ではないのであるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック